バーベキューと自然破壊とマナーについて

###Site Name###

河原や海などでバーベキューを楽しみたいと言う人は多いものです。

ある程度の人数が集まった時や、家族連れなどでバーベキューを行うと楽しいものです。



一般的には管理施設などを利用して楽しむのですが、ベテランともなると人里離れた山奥にある河原などでキャンプをしたり、バーベキューを楽しむ人も多いものです。
尚、山と言うのは山林であり本来ならば火気厳禁であり、火をおこす事は禁じられています。

そのため、火を使っても良い管理場などで楽しむようにしなければなりません。


また、管理場と言っても釜戸などが設けられているのではなく、好きな場所で釜戸を作って火をおこせる場所も有ります。

このような場所では最後にきちんと片づけることが大切であり、食べ物をそのまま放置したり、木炭の燃えカスなどをそのままにするのではなく、綺麗に掃除をしてから帰ることが大切です。

また、ゴミ箱などが設置されていても、出来る限りゴミは持ち帰ることがマナーです。

話題の最新All Aboutの基礎知識をご説明をしたいと思います。

管理施設では管理費を受けてゴミの回収などを行いますが、自分達が出したゴミは出来る限り持ち帰ることで自然破壊などを防止出来ると言う事なのです。

新木場公園のバーベキュー関しての情報探しを行うならネットが便利です。

尚、バーベキューを楽しんだ後は道具を洗ったり、お皿や鉄板などを洗う事になりますが、川が近くに合ってもそこで洗うのではなく、管理場の中に設けられている水道施設を利用して洗うようにすることが自然破壊を防止することが出来るコツであり、一つのマナーでもあるのです。